展示会 金沢 factory zoomer/gallery

okabe masanori

photo by suzuki shizuka
会場:factory zoomer/gallery  金沢市広坂1-2-20
会期:2018年01月19日(金)ー2018年02月18日(日)
会期中営業時間:11:00 - 18:00
会期中休業日:月曜(月曜祝日の場合は火曜休)

内容:
身につける小さな神様
多治見に住む友人の首にいつもある、華やかではないけど凛とした印象のビーズの首飾りが いつも気になっていた。時には赤い細く編んだ糸にクリスタル、時にはベージュの糸にカーネリアンと、 彼女の装いにぴったり寄り添う装飾品だ。作家はオカベマサノリさん。その後、展示会を待ち、駆けつけた。 そこにあるのは、何百という古代ローマやペルシャなど、千年以上前に作られたガラスや石や金属のビーズだった。 なにより楽しいのは、自分にあった石とストリングスを選び、その場でオカベさんが、あーでもない、こーでもないと、 話をしながら、自分にあったモノを仕上げていってくれる。わたしは、首より、腕や指に何かをつけている事が好きで、 赤い糸とカーネリアンによるブレスレットを作ってもらった。その日から左腕に付けて、 ほとんど外していない。古いビーズには、邪を払い、身を守ってくれるお守りのような効果があるんではないかと、 勝手に信じ、その上、願までかけている。私にとっては、身につける小さな神様みたいな存在になっている。

辻 和美

●1/19(金) ~ 21(日)・23(火)・2/15(木) ~ 18(日)のオカベさん在廊中は、オリジナルをお仕立てして下さい ます。



オカベマサノリ 経歴
1964 年、福岡生まれ。30 代からアクセサリーを制作。
1300 年前に作られたチベットのDZI BEADS(ズィービーズ)と出合ってから、古い時代のビーズに魅せら れていく。おもに1000 年以上前に作られた古代のビーズを使って、アクセサリーを制作。昔の人たちが自 分の印(しるし)のようにビーズを身に着けていたように、日々の暮らしに寄り添うアクセサリー作りを心 がけている。福岡県浮羽在住。
ページトップへ