金沢クラフトインデックス

一覧へ戻る

作り手 店舗・施設 木工 諸工芸

加賀竿工房 白峯かがさおこうぼう はくほう

石川県及び金沢市の希少伝統工芸である「加賀竿」は、堅牢性、耐久性に優れることで有名です。その強さの根拠となる工法として、高温での火入れが挙げられます。竹素材に高温で火を入れることで、より丈夫で伝導性の良い竿が出来上がります。また、玉口(竿を継ぐ口の部分)を絹糸・麦漆・銀粉等を使用し竿を補強する方法や、鮎竿に施されている段巻きも堅牢性を確保する大切な工法です。また、加賀竿は、塗装・穴埋め・接着等にすべて漆を使用して製作することも特徴の一つです。製作工程も100工程を超え、短いもので3か月、長いものでは1年以上の時間をかけて製作します。また、最近は、伝統的な鮎竿の他にルアー竿、フライ竿、テンカラ竿、タナゴ竿や海竿等の新しい竿の製作に積極的に取り組んでいます。

工房へお越しの際は事前にお電話下さい。
TEL 090-3296-2442
工房住所:〒921-8142 金沢市光が丘2丁目134番地
営業日:年末年始を除く毎日
営業時間:8:00~17:00

【作品・商品の取り扱いショップ・ギャラリー】
加賀竿工房 白峯、目細八郎兵衛商店、石川県伝統産業工芸館、金沢・クラフト広坂
ページトップへ